スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桐島、部活やめるってよ

2013.02.26.Tue.18:06
こんにちは保田です
2月もあと一週間春はもうすぐですね

先日ある映画をDVDを借りて見たのですがそれが
「桐島、部活やめるってよ」
なのですが200.jpg
これが僕の人生最大、オールタイムベスト級の映画でした
ストーリーはある高校の5日間を描いただけなのですが、その5日間を丁寧に色々な目線で描いた秀作

学校特有のヒエラルキー!いわゆるスクールカーストを余す所無く表現しています
1回見ただけではポカーンとしてあまり意味が分からないと言う方も居るかと思うのですが、(話がこじんまりしていて派手さが無いから)ハマる人にはとことんハマる繰り返し見たくなる映画だと思います
僕はレンタル中に3回見て3回目を見終わったあとにブルーレイを注文しました

1回目は心に深く突き刺さり二回目ではあまり一回目では解らなかった部分に気づき3回目を見終わったとき涙を流してしまいました

僕はこれは俺だ!と言うべき登場人物は居なかったのですが中学のときはあんな感じ、高校のときはあそこのグループ、美容学校のときはあの子、なんて自分の学校内での立場や生き方を投影して苦しくなっていました。
僕は比較的、学生時代は楽しい思い出として心に残っているのですがどこかで封印していた心のドアを閉めてしまっていたあの嫌な学校独特の気の使い方を思い出してしまいました


決して感動して涙したり(涙しましたが(笑))甘酸っぱい青春讃歌ではないですが綺麗なそしてかけがえの無い物語です
見終わったあとに友達と自分は高校の時どうだったかと言う話をしたくてしたくてたまらなくなる
そんな映画でした

ちなみにネットで評判を見てみたのですが
「自分はイケてなかったから前田みたいだった」
と言う意見が散見されましたが僕からすると劇中の前田君は自分のやりたい事に邁進しているとてもイケテル奴に見えてまぶしかったです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。