スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

髪のダメージ3

2015.03.29.Sun.12:18
髪のダメージについて前回書きました。髪が傷むと言うのは髪が生えた直後の状態か何らかの影響で髪の状態が変化すること
主にそれが不快に感じる変化の時”傷んだ”と感じるということ
ではそれは具体的には?まずは美容室で傷む原因。パーマやカラーによって髪の毛に化学変化を起こして髪の色や形(曲げたりまっすぐにしたり)を変化させる。その時に元々あった髪の成分が流出して乾燥、表面のざらつきが起こる。
このように薬液を使用して何かをした結果起こるダメージを化学的ダメージと言います
そして髪の毛にそのような行為をした時に化学的にダメージするのは結論から言うと仕方ありません
但し仕方無いなりに髪の毛の状態とこれから目指す形や色に合わせて最低限のパワーで施述することで
ダメージは最小限に納められます。美容室ではそれを日々研究して最善を尽くしている(はずです\(^o^)/)
それに実は傷んでない状態が好きかどうかは・・また次回
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。