スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

髪のダメージ4

2015.04.05.Sun.17:38
前回パーマやカラー等によって起きるダメージを化学的ダメージと言うと書きました
ただしそれがみなさまに取って嫌な事であるかどうか?
話はずれますがよくみなさまの髪の悩みをお聞きするとき。
「ボリュームが出る」「髪が固い」「ボリュームが無い」「髪が柔らかい(猫っ毛)」
「つやがない」等よく聞きます
髪が固くて悩んでる方がカラーやパーマをかけるとダメージを最低限におさえられている時は
髪が柔らかくなったと喜ばれる時が有ります
逆に髪が柔らかくて悩んでいる方が髪が固くなったと喜ばれる事も有ります
それは髪が素の状態から変化した事でいつも悩んでいる要素が軽減(逆の作用を起こす)して
扱いやすく感ると言う事です
この状態ではほぼダメージしたと言う悩みは感じません
逆に言えばこの状態をキープ出来れば本来の髪の悩みは少し解消されていると言う事かもしれません
しかしその状態を超えて髪が化学変化してしまった場合
この話まだまだ続きます
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。